リラクミンは薬局で購入可能なんでしょうか?

リラクミンはどんな症状に効果を発揮するの?

リラクミンはどんな症状に効果を発揮するの?

 

うつ病や不安障害にも定評があるサプリメント

 

リララクミンですが、

 

具体的にはどのような症状に効果を発揮するのだろうか?

 

と考えますよね。

 

もちろんその気持ちはわかります。

 

うつ病でもいろんな症状がありますからね。

 

 

具体的にリラクミンSEを服用してみることで

 

 

突然不安に襲われてしまい、動悸がバクバクとする
 
後ろ向きなことを考えてしまい、希望が持てない
 
やる気がない、何もできない
 
イライラして心に余裕がない
 
眠るのに時間がかかる
 
途中で目が覚めてしまいそこから寝れない
 
休んでも疲れがとれた気がしない

 

 

などの具体的症状を感じている人に

 

効果があると考えます。

 

 

あなたの心の楽にするセロトニンの働き

 

どうして上記の症状に効くのかというと

 

リラクミンの成分がセロトニンの分泌を活性化してくれる

 

からです。

 

うつ病の人はセロトニンの分泌量がほかの人と比べて

 

不足しているということが報告されています。

 

 

セロトニンを補ってあげることで

 

心の安らぎを取り戻し、

 

上記の症状にも改善が見込めるということです。

 

 

 

セロトニンの働きは

 

ノルアドレナリンなどの頭の興奮を鎮めてくれる

 

心に安らぎを取り戻してくれる

 

 

 

セロトニンがメラトニンに変化し、

 

睡眠をスムーズにしてくれる

 

などの働きがあります。

 

 

まずセロトニンは脳内伝達物質の中でも

 

司令塔のような働きを持っています。

 

そのため、頭の緊張を引き起こすような

 

ドーパミンやノルアドレナリンの働きを

 

抑えてくれる役割を持つのです。

 

 

そのために心は穏やかになり

 

身体の緊張がとれて休むための体制を

 

作ることができます。

 

 

また、セロトニンは夜になると

 

メラトニンという物質に変わります。

 

 

このメラトニンという物質が私たちの眠りを

 

助けてくれると言われています。

 

 

GABAも頭の興奮を鎮めてくれる

 

GABAという成分も

 

頭の興奮を鎮めてくれます。

 

 

グルタミン酸や、ドーパミンなどの脳内伝達物質が

 

頭の興奮を引き起こすのとは

 

対象に

 

GABAはその働きを鎮めてくれるという

 

役割を持っています。

 

つまりリラックスする体制を整えてくれるということですね。

 

またクワンソウなども睡眠に効果を発揮してくれます。

 

 

つまり、リラクミンを服用することで

 

セロトニン+GABA+休息効果などが

 

相乗的に働き

 

気分の落ち込みをはじめとする

 

症状を改善してくれると判断することができます。